山に向かって叫ぶ祖母

或る日、朝起きてみると、祖母がいなくなっていた。
母が とても心配していると、夕方になって帰って来た。

何処に行っていたのか、聞いてみると
向こうの畑で、山に向かって座り、朝から夕方まで
「お父さんよ、兄さんよ、小夜よ、明よ!早く帰って来い!」
と声の限りに、叫んでいたという。

それから祖母は
「私 今日から肉でも何でも食べて元気になって
お母さんの力になる。」と言った。

「肉は穢れていて汚い。」と言って、鍋もかしてくれなかった祖母は、
うさぎの肉、牛の肉、鶏肉と手に入る肉は、それから何でも食べた。

ソ連上陸により、私達四人が何処にいるか分からなくなり
精神的に極限に達した祖母は、山に向かって叫んだのである。

聖書に
「私は山に向かって目を上げる。私の助けは、どこから来るのだろうか。
 私の助けは、天地を造られた主から来る。」
とある。
[PR]
by sayo_71 | 2007-02-14 19:35 |
<< 1テサロニケ 4章11節(口語訳) 列王記上 17章15節~16節... >>